HOME > スノーヴァプラセンについて > コラーゲンが不足するとどうなる?

コラーゲンが不足するとどうなる?

コラーゲンが不足するとどうなる?

人の体は一番多いのは水分ですが、次に多い成分がたんぱく質です。コラーゲンはたんぱく質の一種で、皮膚や髪の毛、内臓、筋肉などあらゆる部分を形成しています。

年齢と共にコラーゲンは減少しますが、食べ物で補ったりする必要があります。コラーゲンが不足すれば、肌の弾力が無くなったり、節々にトラブルが起こるなど体全体の老化が起こります。


肌にコラーゲンが不足すると?

肌にコラーゲンが不足すると、弾力が衰えてシワやたるみの原因になります。

コラーゲンは繊維状に結びついているため、クッションのような役割があり弾力があります。コラーゲンが減ってしまうとコラーゲン自体の結びつきが悪くなって弾力がなくなります。

また、肌が弾力を失うと保水力も低下して、乾燥も酷くなってしまいます。特に30代以降の方は、コラーゲンを補給しなければなりません。

スノーヴァプラセンタの口コミ・感想を見る>>

スノーヴァプラセンタの公式サイトはコチラ>>

このページのトップに戻る